自誓会が描く、3つの価値軸と日本の未来

自誓会が描く、3つの価値軸と日本の未来

〜カラフル・コンパクト・オープンな社会で、未来への責任を果たす〜

1.カラフル:多様な価値を認め、現場が動きやすい社会

 カラフルな生き方を認め合うこと自体に大きな価値を求め、多様な主体が活躍するしなやかな共同体・地域が主役の強い経済をつくる。(世代内の共生)

(1)  多様な社会は心地よく、強い

(2)  多様な生き方が認められる社会

(3)  機会均等で助け合える社会

(4)  コンパクトな政府、大きな社会

(5)  学校から始まる「新しい公共」

(6)  新たな価値を生む「土発経済」

(7)  九州・北海道から道州制を先行させる

2.        コンパクト:人口減少を直視した持続可能な社会

 将来世代へツケを回す政治からは決別し、今を生きる我々世代は将来世代と幸せを分かち合う「未来への責任」を果たす。人口減少を直視し、厳しい選択からも逃げずに持続可能なコンパクト社会をつくる。(世代間の共生)

(1)  人口減少に歯止めをかける

(2)  人口減少に備えた集約化社会

(3)  人の幸せにつながる経済政策 ~家計重視の経済政策~

(4)  脱原発とエコ社会の実現

(5)  農業を持続可能にする

3.オープン:現実主義と「開かれた国益」に基づく外交・安保・経済戦略

 自国の安全を守る明確な意志を持ち、必要な体制を整備する。国際社会の多様な価値観を認め、海洋国家として「開かれた国益」の実現を目指し、国家を越えて人々が触れ合う日本をつくる。(国際間の共生)

(1)  現実主義に根差した安全保障・危機管理

(2)  歴史に根差した「開かれた国益」を外交の基本に

(3)  偏狭な愛国心を排した、アジアとの共生重視

(4)  開かれた経済と企業活動の自由

(5)  教育と科学技術による人材大国

(6)  文化環境立国

 

上記3つの価値軸の強化のために、ガバナンス改革を行い、「足腰の強い政治」を実現する。(1)参加する民主主義

(2)信頼される政治(①一体感がある政治、②結果を出し、説明責任を果たす政治

   ③成果を把握し、改善を重ねる政治)

政策冊子はこちらからご覧下さい。

全体(PDF:20.4MB)
代表挨拶(PDF:1.6MB)
ビジョン(PDF:1.6MB)
所属議員一覧(PDF:17.8MB)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る